弁護士の相談料金をなるべく小さくする方法を考える

###Site Name###

弁護士に対する一般人からの相談の大半は、民事に関するトラブルについてです。


近くに住んでいる近隣住民とトラブルになったり、夫婦関係が破綻したことにある離婚の相談であったり日常生活の中に存在している相談内容が9割を占めています。


こうした相談を弁護士に行えば、きちんとした手続きによって問題を解決してくれるため困ったときには相談することが大切です。

基本的に、弁護士への料金は相談内容によってことさらに大きく変化したりはしません。

どのような内容であっても、一定時間内で相談が終わるのであれば一定料金で済ませることが出来るのが普通です。

そのため、何らかの相談があった場合にはまずその相談内容を自身でまとめてから簡潔に相談するように心がけなくてはいけません。

また、最近はインターネットを通して格安の相談を請け負っている弁護士もいます。
司法制度の改革によって法曹家の数が激増した結果、法曹家同士で顧客の取り合いが激化したという事情があります。

そのため、簡易的な民事トラブルに関してはわざわざ法律事務所に顔を出さなくてもインターネットにある無料の掲示板を利用することによって容易に問題を解決できることもあるのです。特に、携帯端末の発展が著しい近年ではインターネットを使った犯罪に対する無料相談が非常に増えています。



ワンクリック詐欺などはその典型的な例で、こうした相談ならば無料で対策を教えてくれます。弁護士とは言っても、相談の敷居は高くないので遠慮せずに相談しましょう。


交通事故の示談交渉のように、他人からの依頼を受けて法律的な業務を行うことは、弁護士法の規定により、原則として弁護士以外には認められていません。

しかし、自動車に乗っているときに交通事故を起こしてしまった場合には、契約している自動車保険の損害保険会社のスタッフが介入し、相手との示談交渉を行うのが普通です。

これは、相手との過失割合を調整して、損害賠償の金額を確定させ、保険金の支払いを行うという意味で、損害保険会社にも当事者性があるためです。



もっとも、信号待ちのときに相手の車が後ろから追突して起こった交通事故のように、相手にすべての過失がある場合には、示談交渉の余地はありませんので、相手との間に損害賠償金の支払をめぐるトラブルなどが発生したとしても、損害保険会社がかかわることはできなくなってしまいます。
こうした場合は、法律に定められている原則に立ち返って、専門家である弁護士に、適切に処置してもらうように依頼をすることが適当です。
弁護士は法律にかかわるあらゆる問題への対応を認められていますので、まずは自宅に近い法律事務所などに予約をすると、法律相談に直接応じてもらうことができます。
このなかで、法律上どのようなトラブル解決の手段があるかなどについてのアドバイスがありますので、もし民事訴訟などの具体的な手続きに入りたいという場合には、正式に弁護士と契約を締結して、本人の代理人として活動してもらうことになります。

顧問弁護士は、長期的に会社の様々な法律の知識が活かせる問題の相談を受けたり、アドバイスをしたりします。主な仕事は法律相談や契約書のチェック、内容証明郵便など書類作成です。
また訴訟が起きたときに対応したり、社内の体制の構築をサポートしたり、会社の業務と深く関わっています。
法律問題が発生すると、顧問弁護士が大いに活躍します。まず会社はすぐに法律のプロに相談できます。

弁護士に相談するためには、法律事務所に連絡をして費用や相談に対応できる日時などを聞く必要があります。
電話で問い合せてから数日経ってやっと相談できますが、その段階ではまだ問題は解決できません。

会社関係者に相談に応じるプロがいることで、電話やメール、直接会うなど様々な方法で意見を聞くことができます。

気軽に相談可能です。また初対面の弁護士に相談すると、最初にどのような会社なのかを十分に説明して、相手に理解してもらわなければなりません。

会社の説明に時間がかかってしまい、本題に入る前に相手が会社を理解できないことも考えられます。

一方で、定期的に相談をする相手であれば、常に会社が置かれている状況を把握しているので、問題を説明する流れがスムーズです。
内部事情を知っているため、現実的で最適な選択ができます。

しかし、顧問弁護士を雇うことはデメリットもあります。

それは、固定費用が高いことです。

相談しなくても費用に変わりがなく、月に3万円~5万円かかります。

法律は私たちを護ってくれるためのものですが、さまざまなトラブルに巻き込まれてしまった場合に、私たちを法律的な知識を駆使してサポートしてくれるのが弁護士です。

こうした仕事に就くためには、日本でも最難関の試験と言われている司法試験に合格し、その後も専門的な研修を受ける必要があります。
そのため法律的なサポートを依頼するのには最適な存在です。


また弁護士は裁判で弁護を行うだけでなく、さまざまな法律的な相談にも乗ってくれます。


トラブルに巻き込まれてしまった場合に、法律的な知識を持っていないのにもかかわらず、自分自身で対応したことで、結果的に不利になってしまったり、解決が長引いてしまうことも決して少なくありません。


弁護士に法律的な相談を行う際には、規定の料金を支払う必要があります。

またこの時点では、あくまでも相談だけであり、正式な対応とはなりません。
相談をした結果、対応を依頼したいということであれば、改めて正式に契約をすることになります。

私たちの身近にはさまざまなトラブルがあり、法律的な知識を持った弁護士に対応を依頼することで、交渉を有利に進めることができたり、早期の解決ができることも少なくありません。

またこうしたトラブルの当事者同士の話し合いでは、必要な法律的な知識を持っていなかったり、感情的になってしまい、なかなか話し合いの成果が出ないことも多いのが現実です。

効率よく法律的な解決が可能なトラブルに対処したいと思うのなら、弁護士に相談するのが得策だといえるでしょう。

通常の生活を送っている分にはあまりお世話になることはありませんが、ひとたび法律的なトラブルの当事者になってしまったときには、ぜひ頼りにしたいのが弁護士です。弁護士は法律の専門家であるだけでなく、法的なさまざまなトラブルに対応した経験を持っているエキスパートです。

そのためそうしたトラブルに巻き込まれてしまった場合に、的確なアドバイスをしてくれたり、一緒に戦ってくれる力強い存在です。法律的な知識を持っていない人同士が話し合いをしてもうまくいかないばかりか、弁が立つ側から一方的に有利な内容を押しつけられてしまうことも少なくありません。


また本来持っているはずの権利が生かされなかったり、必要以上に賠償をしなければならなくなってしまうだけでなく、話し合い自体が長引いてしまうこともあります。

弁護士はさまざまな法律的な知識を持っているだけでなく、当事者間での交渉ごとに関する経験も豊富なため、依頼した側に代わって交渉を行ってくれるだけでなく、必要なアドバイスをしてくれる頼もしい存在だといえます。弁護士に法律的な相談をする際には、決められた時間あたりの相談料を支払う必要があります。

実際に相談した結果、さらに法律的なアドバイスや助力が必要だと思った際には、改めて対応を依頼することになります。法律的なトラブルに陥ってしまった際には、やみくもに動き回ることで、余計に事態を悪化させてしまうことも少なくありません。法律的な助力が必要な場合には、できるだけ早いうちに弁護士に相談するとよいでしょう。
自動車を運転しているときに起きた交通事故については、普通であれば任意保険を管掌している損害保険会社で相手との示談交渉をしてくれますが、これは実際には限定的なサービスであって、交通事故にともなうすべてのことがらを加入者にかわって行ってくれるわけではありません。
そもそも他人にかわって業として示談交渉を行うことは、一般的には弁護士法という法律に触れてしまうためです。

そのため、もし損害保険会社として法律上できる範囲を超えてしまった場合には、なにか相手との法律上のトラブルが発生したとしても、損害保険会社にはいっさい手出しができなくなるため、加入者が自費で弁護士に依頼をして処理するしか方法がありません。

しかし、報酬金などの費用はそれなりの金額となるため、あらかじめ貯金などがなければ、おいそれと依頼もできないということになってしまいます。

こうしたことを防ぐために設けられているのが、自動車保険の弁護士費用特約とよばれるメニューです。

遺産相続関する情報探しのお役に立つサイトです。

これは一般に自動車保険に加入すれば自動的についてくるサービスではありませんので、加入の際にしっかりと確認することが必要です。

紛争解決のために弁護士に依頼するメリットは沢山あります。
まずはどのように解決すれば良いのか、その手段と方法をアドバイスしてもらえます。

法的手段が執れるのか、執るためにはどのような証拠などを集めればいいのかなど、様々なアドバイスをしてもらえます。

また弁護士に間に入ってもらえれば、直接相手と連絡を取り合ったり話し合いを行う必要がなくなります。

当事者同士だとお互いの言い分をぶつけ合うだけで、なかなか話が前に進まないことが多いです。
第三者に入ってもらうことで、一気に話が進みだす場合があります。
またその第三者が法律の専門家である弁護士ならば、相手の対応も異なってくるケースがあります。

こちらの本気度を示す為にも、弁護士の存在を表に出すことは有効です。

もちろん弁護士の存在がもっとも頼りになる場面が、調停や裁判になったケースです。裁判に持ち込む前になるべく解決したいですが、相手の対応次第では訴訟提起も致し方ありません。自分ひとりで裁判を行うことも可能なのですが、余程の事がない限り避けた方が無難です。


裁判では決して自分の言っていることが間違ってないからといって、感情の赴くままに伝えようとしてもいけません。あくまでも客観的事実を基に論理的に裁判官などに伝えることが必要ですが、殆どの人は慣れていない裁判の場で効果的に説明することは困難です。たとえ事前に入念に準備をしておいたとしても、本番で活かされるとは限りません。


ですので、専門家に依頼することが非常に重要となります。

日本でも有数の難関試験である司法試験に合格し、その後も研鑽を積んだ弁護士に対して、何となく近寄りがたいというイメージを持っている人も少なくないでしょう。
ドラマなどの法廷シーンに登場する弁護士は、確かにそんな印象を与えるものかもしれません。
もちろん法廷での弁護も大切な仕事のひとつですが、さまざまな法律的な相談に対応することも大切な仕事のひとつです。


弁護士は法律的なトラブルの当事者になってしまった場合に、さまざまな法律相談を行ってくれます。

たとえ法律的な知識を有していなくても、自分自身の言葉でありのままを伝えれば、専門家の立場から適切なアドバイスや見解を示してくれます。


弁護士に法律的な対応を相談したり、あるいはトラブルの対応を依頼した場合には、規定の料金を支払う必要があります。


けれども法律的な知識を持たないままに、トラブルの相手側と交渉を行っても、正当な内容の交渉ができない可能性も少なくありません。

トラブルの相手側が良心的で、どんな場合でも冷静に対応してくれるとは限りません。

法律的な知識を持っていないがために、相手側から必要以上の要求を突きつけられてしまったり、本来は主張できるはずの権利が主張できないなど、不利な立場で戦わなければならないことも現実に起きています。どんな相手と対峙する場合でも、依頼者の側の立場で戦ってくれるのが弁護士です。


法律的なサポートが必要な場合には、できるだけ早い段階で相談するとよいでしょう。


法律的な知識がないばかりに、本人自身が気が付かないうちに、不利な交渉を行ってしまうことが少なくありません。相手から強く、執拗に主張されたばかりに、本来負わなくてもよい責任までおわされてしまったり、本来なら主張できる権利を主張していないなど、その内容はさまざまです。

けれどもそうした本来負わなくてもよかった責任や主張できなかった権利などが生じてしまったのは、法律的な知識を有していなかったことが原因といえます。

このような法律的なトラブルに巻き込まれてしまった場合に、依頼者と一緒に戦ってくれるのが弁護士です。

弁護士は法律的な知識とこれまでに蓄積してきた交渉の経験とを動員し、依頼者の側ができるだけ有利になるように交渉を進めてくれます。


こうした交渉ごとの場合には、経験と法律的な知識を有していることが交渉を有利に進めるための鍵となりますが、弁護士が味方に付いてくれれば、まさに百人力といえるでしょう。誠に残念なことですが、声高に繰り返し主張する人や弁が立つ人の主張が通ってしまい、交渉で不利な立場に立たされてしまう人が決して少なくありません。